H.C.O.C Osaka
Touring Report 2001.8

■【日   時】 平成13年8月18日
■【場   所】 兵庫県・淡路島
■【参加人数】 11名
■【参加台数】 6台⇒4台
■【 ルート 】 大阪城公園→六甲山十国展望台→垂水IC→淡路PA→津名一宮IC→ 多賀の浜
           →東浦サンシャインブリッジ→明石淡路フェリー→解散

さて今回のツーリングは『納涼ナイトツーリング』(勝手に命名)と題して、 熱帯夜の大阪を抜け出し、淡路島へ行って参りました。 今回の参加台数は6台。しかし、淡路島に到着した時は、なんと4台に!!
これは、交通費削減の為に乗合ってもらいました(^^;

通常、大阪から淡路島まで高速で行けば1時間足らずで行けるのですが、 さすがはHCOCのツーリング、そんな甘いことはしません(笑)
下道で行ってきました。しかも、六甲山経由。高速を使ったのは明石大橋を渡る時だけでした。
それにしても、夜の六甲山の怖かったことと言ったら・・・(f^^)

さて、やっと思いで最初の目的地、淡路島の多賀の浜に到着しましたがもう空は明るくなりかけています。 急いで、メインイベントの花火大会を開催しました。
ここで皆さんがもっともハマったのは線香花火。『線香花火同好会』なんてものも結成されました。 やはり線香花火は、消えゆく時の「はかなさ」が魅力なのですかね?(笑)
多賀の浜の次に向かったのは東浦町にある『サンシャインブリッジ』です。
当初、ここで日の出を見る予定だったのですが…、大幅に予定が遅れていた為に到着した時には 太陽が上がりきっていました(笑)ちょっと残念・・・。
でも、朝日が当ってキラキラ光る海は、とても綺麗でした。

こうして予定も無事に終了、解散したと言いたい所ですが帰りは「橋を渡らず、船で帰ろう」と言うことになり、 フェリーに乗って明石海峡を渡りました。
これも、参加台数の少なさが成せる技とでも言うんでしょうか?(笑)
船内は他のお客さんもあまりおらず、ほぼ貸し切り状態。
交通費の計算をしたり、ワイワイ話をしたりして約30分の船旅を満喫することができました。
たまには、こういう船旅も良いんじゃないかと思います。
そして、船は明石港に到着。今度こそ本当に解散となりました。本当にご苦労様でした(^o^)/



★兵庫ブロックの皆の感想


▼クマクマさんの感想
夜になると"ハメ"をはずせるような気がするのでナイトツーリング楽しかったです。
花火などでも盛り上がり、あっという間に「朝」になってしまいましたが それだけ時間が経つのが速かったということで、盛り上がったのではないでしょうか?
でも、帰りは極限までに眠たかった・・・。

▼やすよっちさんの感想
今回は予定と大幅に変更しちゃったツーリングでしたが随分楽しめました。
これは兵庫ブロックは予定を組まないほうがいいってことかしら(笑)
でもまさか「お船」まで乗っちゃうとは思いもしなかったです(^_^)(^_^)
今回は金銭的な問題で同乗をお願いしてておんなじ車を並べて走るのがツーリングの醍醐味なのに、 悪いなあと思っていたけど車の中でもおしゃべりできるのも、「あら、いいじゃなーいっ」なんてコロっと早変わり(笑)
めでたく「閃光花火同好会」も結成されたことですし、ナイトツーリングもなかなかオツなもんですね。
PS:わたしはほんっとに「花火禁止」の看板しらなかったのー!
ほんっと!みんな、知ってたん!?でもやってたのね(@_@)(*_*)(^.^)

▼さとさんの感想
月18日の夜、今回のツーリングは淡路島で交通費が高く いつものパターンからして参加者は少ないだろうと覚悟しながら城公園に来てみると、 HCOCメンバーが20人程いるのを発見!
・・・やはり、そのうち半数はお見送り組でした。(それでも嬉しかったっす)
ミッドナイトツーリングということで、渋滞もなくスイスイ〜と淡路島の海岸へ。 企画段階では内心、大人に通用するのかー!?と思っていた花火大会が大盛上がり!
みんな子供なのねー。その後は日の出スポットで登り切ったおてんと様を拝見。f^_^;
みんなの眠気が全開になったところで、ツーリング終了〜。お疲れ様でした。
PS:最後のフェリーも良かったですネ。
次回はフェリーをメインにしたツーリングも良いなぁ。と思いました。
(ん?ツーリングと言えるのかな?)

▼たつRの感想
今回のツーリングは“ナイトツーリング”と言うよりも“オールナイトツーリング”となった訳ですが、 皆さん朝まで無事に完走できホッとしています。
やはり皆さん、夜は走り慣れているのですね(^^;
花火も楽しかったし、フェリーも良かった。
たまには、こんな“行き当たりばったり”なツーリングも良いなと思いました。

▼今回初参加のケンちゃんの感想
ツーリング楽しかったですよ。
諸費用の為台数を減らしたのがやはり・・・でもその方が話し出来るからいのかも?
個人的に皆さんに会えたことやクラブの雰囲気が分かったことが良かったと思います。
やっぱり同じ車同士の方が話が楽しいですよね