H.C.O.C Osaka
Touring Report 2005.11うどんツーリング報告

 恒例のさぬきうどんツアーが今年も決行されました。
 今までは暑い時期に行っていたのですが、今回はちょっぴり寒いこの時期に行いました。
 アツアツのさぬきうどんの味はどうなのか?期待いっぱいでスタートです!

 ■【日   時】 平成17年11月19日(土) フェリー組・・・AM7:00集合  高松集合組・・・AM8:30
 ■【集合場所】 フェリー組・・・岡山県玉野市 宇高国道フェリー乗り場  高松集合組・・・高松港フェリー乗り場
 ■【参加者数】naruさん、雅さん&お友達、まっちゃん、リィーダァー(5名)
 ■【参加台数】3台


第3回さぬきうどんツアー

ツーリングレポートby naruさん

恒例のさぬきうどんツアーが今年も決行されました。
今までは暑い時期に行っていたのですが、今回はちょっぴり寒いこの時期に行いました。
アツアツのさぬきうどんの味はどうなのか?
期待いっぱいでスタートです!

雅@R号の助手席にはには、もう一人。岡山在住のお友達でした。挨拶を済ませ、AM7:30発宇高フェリー(たかまつ丸)に乗り込み高松港へ向け出航。
船内では行ってみたいうどん屋を決めたり、いろいろと談笑してました。そうこうしていると高松港が見えてきました。
今日はいい天気だ!
AM8:30高松港でまっちゃん号と合流。ナビシートにはリィーダァーがちょこんと座ってます。
今回は、この3台、5名で「第3回さぬきうどんツアー」を決行します。

◆◇◆◇◆山越うどん◆◇◆◇◆

今までなら、1件目は「なかにしうどん」なのだが、
いつもより遅めのスタートと"諸事情"により
今回はパスし「山越うどん」に直行することにしました。
とは言っても無視できないので、「なかにしうどん」の店の前は
通過しました。(^_^;)
看板がきれいになっていたのが印象的でした。

入り口です
少し急ぎぎみに「山越うどん」を目指して走行。
AM9:30「山越うどん」に到着。
近めの駐車場はすでに満車。ちょっと先に新しい駐車場が出来ていたのでそので止めました。
来る度に駐車場が増えているし、店も進化している。儲かっている証拠です。
予想どおりすでに行列ができている。
看板がきれいになっていたのが印象的でした。
でも、食べるところが広〜くなったので回転が早い。10分ほどで店内へ。
メニューを見ると"あつあつ"の文字が目立つ。
「今回は数を廻るぞ!」ということなので"かまたま(小)"を注文。お値段¥150ナリ。
リィーダァーはうどんは別腹のなのか中(2玉)+てんぷらを注文してました。(~_~)
あつあつのダシをかけて玉子と絡めて「いただきま〜す!」
「うめぇ〜」!!!
冷たいうどんも絶品だけど、熱いうどんも美味しいっす!

みんなも満足げな顔。
売店でお土産を購入。
しばらく休憩し、次の行き先を選定。

山越のかまたま(小)
リィーダァースペシャル
参加メンバー
売店です
山越の駐車場で集合

◆◇◆◇◆宮武うどん◆◇◆◇◆

2件目は、雅さんのお友達が希望の「宮武うどん」に決定。
「宮武うどん」はテレビにも取り上げられる超有名店です。どっちの料理ショーにも出ています。
場所もココからそれほど離れていない。琴平に向けて国道32号線を西へ。
しばらくは片側2車線の軽快路が続いているんですが、途中から片側1車線の田舎の国道に変身。
複線化・バイパス化の工事がされているので来年はさらに走りやすくなっているでしょう。
看板がきれいになっていたのが印象的でした。
AM10:30迷わずに「宮武うどん」に到着。
外観は普通の民家のようなので見逃しそうですが、ここだけ変に路上駐車が多くなっているので気が付きます。
100mほど離れたところに大きな駐車場はあります。私たちはちゃんとここに止めました。
店内には、カウンター席、普通の座席、なんと座敷もありました。
私たちはカウンター席に。
宮武のおっちゃんが、目の前でうどんを打ってます!
"アツアツかけうどん(小)"を注文。お値段¥230ナリ。
厨房には小さなお子ちゃま2人も手伝ってます。ご家族で運営しているのかな。
すぐに、美味しそうなうどんが出来上がり!
うどんは太麺でいかにも手打ちって感じでこれまたウマそう。
一口、やっぱり「うめぇ〜」!!!
ダシも美味しいし、うどんも美味しい。
熱いうどんは「山越」よりこっちのほうが美味しいかも。
今度は冷たいうどんを食べてみたい。
駐車場に戻って3件目を選定。
ん?リィーダァーの様子が・・・
やはり山越うどんでの2玉がここにきて利いてきたようで「お腹いっぱ〜い」と何やら寝言を言ってました。
宮武の入り口です
道路から見たところ


◆◇◆◇◆池上うどん◆◇◆◇◆

3件目は、去年場所が分からず断念した「池上うどん」に決定。
ここはあの有名な瑠美子おばあちゃんの店です。テレビにも何度か出てます。
高松市に向けて今度は国道32号線を東へ。(来た道を戻ります)
距離があるので着くころにはお腹も空くかな(●^o^●)
40分ほどで到着。
「池上うどん」には駐車場が無い。道も狭いので路上駐車も不可。
手前にスーパーマルヨシの駐車場があるのでこっそり進入。
しっかり「当店に御用の無い車の無断駐車禁止」の看板があるけど・・・
だってココしか止めれないし・・・
周りを見ると、あっちこっちに他府県ナンバーの車が・・・
考えることは皆同じ。
狭い道をしばらく行くと「池上うどん」があります。
お昼前なのでお客さんがたくさん。
お店に入ると元気な瑠美子おばあちゃんがお土産用のうどんを箱詰めしてました。
早速うどんを注文。
値段はビックリの1玉¥70円!!!玉子1個¥30円。
かまたま1杯¥100円ナリ。
3件目だけど、このうどんも「うめぇ〜」、満足満足。

これで¥100円です!

◆◇◆◇◆こんぴらさん◆◇◆◇◆

駐車場に戻って4件目を選定するも、さすがにお腹いっぱい。
まだお昼過ぎで時間もあるし、折角香川県まで来たので「観光しよう」となったので、
これまた雅さんのお友達のリクエストで「こんぴらさん」に行くことに決定。
ここからはまっちゃん号先導で出発。またまた、国道32号線を西へ。
ナビを見ると「宮武うどん」の少し先に「こんぴらさん」がある。ここも迷わず「こんぴらさん」に到着。
観光客がたくさん。車もバスもたくさん。車を置いて登山の開始です。
途中で自由行動にして、まっちゃんは科学館へ。残り4人はゴール目指して石階段を上へ上へ。
かなりの段数を登ってようやく頂上へ到着。動悸、息切れが・・・(~_~;) おっさんふたり、撃沈です。
この時期で良かった〜、夏場だったらリタイアしてるかも。
ここまで登ってきた甲斐がありました。上からの眺めは気持ち良かったですよ!瀬戸大橋も見えました。
しばらく見学し下山。下りも足にかなりの負担が・・・
リィーダァーは足に"ガクガクブルブル"震えがきてました。
お土産を買って、お腹も空いたので4件目の選定へ。

◆◇◆◇◆三徳うどん◆◇◆◇◆

4件目は、リィーダァーのリクエストで「三徳うどん」に決定。
何故か、カレーうどん!
さぬきうどんのカレーうどんってどうなの???って感じで。
場所は高松市の中心部かな。比較的都会の街並みに「三徳うどん」はあります。
PM3:30に到着。PM4:00で閉店なのでなんとか間に合った。
普通のうどん屋さんです。
メニューもたくさんあるのですが、5人ともカレーうどんを注文。お値段¥505ナリ。
今までが安かったので、妙に高く思えてしまった。
でも、味は美味しかったですよ。カレーうどんアリです!

◆◇◆◇◆あとがき◆◇◆◇◆

高松競輪の近くのコンビニに移動して、記念撮影。(なぜ、コンビニで!?)
そして、解散となりました。

雅@R号とnaru号は宇高フェリーに乗るため高松港に、まっちゃん号は高速へ、それぞれ移動。
宇高フェリー組は、PM5:00すぎに乗船。
船内はめっちゃ混んでる。朝はガラガラだったけど、夕方は利用してる人が多い。
雅さんとお友達はお疲れのようで眠っていましたが、おっさんの私は船旅を楽しんでました。(^_^;)
船の中で雅さん&お友達とお別れして実家に向けてナイトツーリングの始まりです。

帰路に淡路島ルートではなく宇高フェリーを選択したのは、できるだけ経費を安くするためです。
燃費走り、でも、早く帰りたい。
岡山からALL下道で帰る気力が無いので、高速を使ってもできるだけ安くする!

ここでETCの割引制度が威力を発揮します!!!
山陽道岡山ICから中国道池田ICまで高速を利用します。
  • チェックポイントその1
    山陽道岡山ICをPM8:00までに通過すること
    岡山市内の渋滞を何とか抜け、PM7:30に山陽道岡山ICを入る。
    これで「通勤値引」がスタート。
    通勤値引で重要なことは"100kmを超えてはいけない"ということ。
    岡山ICから加古川北ICまで95.6km。
    (ひとつ先の三木小野ICだと109.1kmになるのでアウト)
    岡山ICから加古川北ICまで、通常¥2,650円掛かるところを通勤値引だと50%オフの¥1,350円になる。
    燃費を良くするため、100kmしばりを実施する。100km以上出さないようにする。
    それでも、40分くらいで加古川北ICに到着してしまうので、途中のPAで休憩して時間を調整。
    加古川北ICをPM9:00すぎに出る。料金はちゃんと¥1,350が表示。
  • チェックポイントその2 1,900 950
    中国道池田ICをPM10:00を超えてから出ること
    PM10:00から「早朝夜間割引」が適用される。
    早朝夜間割引も"100kmを超えてはいけない"ということ。
    加古川北ICから池田ICまで、通常¥1,900円掛かるところを早朝夜間割引だと50%オフの¥950円になる。
    山陽道加古川北ICから中国道池田ICまで63.4km。
    100kmしばりをしても40分くらいで到着してしまう。
    加古川北IC近くのコンビニで時間調整。
    AM9:20加古川北ICを入る。
    Kカーにも簡単にパスされながらも、順調に走行。
    中国道に合流したところで時間を確認。
    ギリギリPM10:00オ−バーで池田ICを出れそうだったけど、一旦西宮名塩SAで休憩。
    その後、PM10:00すぎに池田IC出る。料金はちゃんと¥950が表示。
実家にはPM10:40に到着しました。

帰りの経費:2,700+1,350+  950=5,000
値引なし :3,300+2,650+1,900=7,850  差額:2,850
※ガソリン代は除く

淡路島ルートがもう少し安くなればいいんだけど・・・